台東区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 歯科医師(台東区)―

番園 人之 院長/ひとしデンタルクリニック(湯島駅・歯科)の院長紹介ページ

番園 人之 院長

HITOSHI BANZONO

アロマの香るリラックス空間で、最先端の「痛くないホワイトニング」を体験して下さい。

鹿児島大学歯学部卒業後、勤務医として経験を積んだのち、湯島駅近くに開業。開業医の傍ら、昭和大学や鶴見大学で研究生として、最先端の技術を習得する。

番園 人之 院長

番園 人之 院長

ひとしデンタルクリニック

台東区/上野/湯島駅

  • ●歯科

妻の地元で、歯周病や補綴、インプラント治療に取り組む。

番園 人之 院長

「絶対に医者になる!」という強い決意のもと、というよりは、周りの影響があって、自然と医療分野での仕事を意識し始めたというほうが合っているかもしれません。親戚が医者だったこともあり、そういう世界を、身近に感じることができました。医者を目指す友人も多かったんですよ。私自身は、幸いにも、勉強は嫌いなほうではなかったので、その時々で、やるべきことを積み重ねて受験に臨んだという感じです。高校の友達と勉強の仕方を話したり、教え合ったりしたことが懐かしいですね。地元の鹿児島大学歯学部に進み、また大学では、歯に詰めるセメントや、歯周病の研究をしていたんですよ。歯周再生治療に欠かせない、メンブレンの基礎実験も行っていました。勤務医を経てその後、結婚して息子ができたことで一念発起し、一般歯科・歯周病や補綴、インプラント治療に取り組むひとしデンタルクリニックを開業したんです。千代田線の湯島駅や上野小路駅・上野御徒町駅からも近い当地を選んだのは、妻の地元ということもあり、土地勘もあったからです。ゆっくり学ぶ時間が取れないほど、忙しい日々でした。昭和大学で補綴の研究生、鶴見大学でインプラントの研究生として勉強させてもらいました。

患者様が、自分の目で見て納得できる診療を実践。

番園 人之 院長

当院では、「お口の健康を守ること」をコンセプトに、ホワイトニング、口臭外来、義歯、インプラント、歯周病、一般歯科を扱っています。前歯の美しさを取得することや良く咬める入れ歯の作成、目立たない入れ歯などのご相談も多いですね。初診は個室で行いますので、他の患者さんを気にせず、何でも相談していただくことができます。ご希望でしたら、「プライベート診療」も個室で行いますのでご相談ください。他にも、各診療台の間は、パーティションで区切っていますのでご安心いただけます。お口の中の写真を撮り、お口の状態を患者さんに「見て確認してもらう」ことが大切だと思っています。なぜなら、自分では「大したことない」と思っている虫歯を、客観的に画像で見ることで「治療の必要性」を実感していただくことができるからです。撮影した写真をデジタル画面で説明しながら、今後の治療計画を立てていきます。顕微鏡で、お口の中の細菌について詳しく調べることも行っています。そうして「今、お口のなかにいるばい菌はこれです」と、絵を見ながらお話していくんです。やはり、見ることで、患者様は十分に納得することができ、治療にも身が入るようになりますね。他には「コーナー」があるので、歯みがきやお化粧直しに便利だと好評です。

最先端の技術で、「痛くないホワイトニング」を実現。

番園 人之 院長

「痛くないホワイトニング」です。「ホワイトニング」というと、痛みを伴うというお話を聞くことが多くありませんか。しかし、当院ではそのようなことはありません。痛みを感じることなく、ホワイトニングの施術を受けていただけます。扱ってきた症例は1000以上あるでしょうね。同業の仲間にも「なんでホワイトニングが痛くないんだ!?」と驚かれるんですが、こればっかりはなんとも言いようがありません。自分がイイと思っているやり方を実践しているだけですから(笑)しかし、先ほど述べた、昭和大学での経験が生きていることは確実だと思います。昭和大学は、ホワイトニングの治験大学でしたから、そこで最先端の技術を学ぶことができました。勉強と同じで、日々の積み重ねによって、痛くない技術が身についていたのだと思います。価格もさほど高くないので、患者さんの負担も少なくて済みますよ。個人差はありますが、「確実に一日で白くなります」とお約束します。

患者様がリラックスできる環境づくりに注力。

歯の治療とは、患者さんと一緒にするものだと考えています。私一人が頑張っても、患者さんがしっかり意識して下さらないと虫歯になってしまいますし、逆に私自身も、患者さんの痛みを和らげる技術を持っていなければなりません。お互いが協力し合って、歯の健康を守っていくという気持ちで治療をしています。また、個室でのカウンセリングを始めたのは、初診の患者さんにも、リラックスして診察を受けていただきたいからです。歯医者さんと聞くと、「痛い、怖い」というイメージがつきものですが、できるだけそれを払しょくしたいと思っています。リラックスと言えば、アロマをいち早く取りいれるなどの、環境面での工夫は、開院当初からやっていました。妻がカウンセラーをしているので、香りがリラックスに効果的なことを教えてくれたんです。いいものはどんどん取り入れていきたかったので、早々に実施しました。

これから受診される患者さんへ。

私のロッカーには、内村鑑三のこんな言葉を貼っています。「歯科医療は愛の仕事である。病める人にはいたわりと慰めを。共に働く人にはねぎらいと感謝を」この言葉を胸に、診療に当たっている日々です。当院にお越しいただいたことへの感謝の気持ちを、診察でお返しできるように心がけていますので、歯のことでお悩みの方は、ぜひ一緒に治療していきましょう。

※上記記事は2014.4に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

番園 人之 院長 MEMO

  • 生年月日:1964年7月4日
  • 出身地:鹿児島県
  • 血液型:B型
  • 趣味・特技:ゴルフ
  • 愛読書・本:歴史書、経済誌
  • 好きな映画:ブレードランナー
  • 好きな言葉・座右の銘:「歯科医療は愛の仕事である」(内村鑑三)
  • 好きな音楽:ボサノバ、ポップス、ロックなど
  • 好きな場所・観光地:京都

グラフで見る『番園 人之 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート