台東区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(台東区)―

代田 和彦 院長 & 和郎 理事長/代田歯科医院(蔵前駅・歯科)の院長紹介ページ

代田 和彦 院長 & 和郎 理事長

SHIROTA KAZUHIKO & KAZUO

昭和25年から変わらず、親身な歯科医療を心がけ、皆様のお口の管理に携わる。

大学卒業後、埼玉にある医療法人に勤務し経験を積んだのち、蔵前駅そばに開業していた父の跡を引き継ぐ。

代田 和彦 院長 & 和郎 理事長

代田 和彦 院長 & 和郎 理事長

代田歯科医院

台東区/寿/蔵前駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科

昭和25年の開院以来、地域の歯の健康増進に尽力。

代田 和彦 院長 & 和郎 理事長

【代田 和郎 理事長】
色々と別の道に走ったことはありましたよ。文学座に行ったりね(笑)。でも、「父(代田治男 氏)の跡を継ぐのが当たり前」という気持ちはどこかにあったんです、2代目として。最終的にはおさまるべきところにおさまったということじゃないでしょうか。
大学を卒業後は、しばらく母校に残っていました。衛生学の木所教授の下、院内感染の研究で「アルザス」という空気清浄機の開発に携わっていたんです。当時のものの大きさをご覧になればビックリされると思いますよ。それがいよいよ形になった頃、父の元へと帰りました。父は歯科医師であると同時に台東区の区議会議員をしていたものですから、良い区切りの時期だったんでしょうね。

【代田 和彦 院長】
やはり父(和郎先生)の影響だと思います。私は小さな頃から診療室に出入りをしていて、患者さんの横でうろうろ遊んでいたらしいのです。小学5年生になった頃には、父に向かって「もっと口腔内のメンテナンスをしたほうが良いんじゃないの?」と生意気な口を利いていたみたいで(笑)。世襲制というわけでもないのですが、父と同じく、おさまるところにおさまったということかもしれませんね。
大学を卒業後は、埼玉にある医療法人に勤務しました。やはり、システムというものがまったく違うんです。おじいさん達の時代は、「自分はこう思う」という信念を貫いた治療が当たり前だったようなのですが、今はそこにプラス、患者さんの気持ちや考え、その人が生きてきたデンタルヒストリーを汲み取っていくことが要求される時代です。それは勤務医時代に教えられ、身に付いたことでした。父に話したところ、「お前が思うようにやりなさい」と言ってくれ、それを実践しているところです。
『代田歯科医院』は、昭和25年(1950年)に開設されました。2013年に父から院長を引き継ぎ、3代目としての覚悟も新たに頑張っていきたいと思っています。

どんなニーズにも応えたい。

代田 和彦 院長 & 和郎 理事長

【代田 和彦 院長】
一生涯に渡り健やかな口腔環境を保ち、患者さんが幸せな人生を送れるようにお手伝いをさせていただければと思っています。当院では、あえて「この治療をメインでおこなっています」ということを掲げていません。むしろ、患者さんの考えを優先して治療をおこない、その人にとって適切な口腔環境を作っていくということに力を傾けています。
その上で、万が一何か起きたら、どんなことでも対応が出来るという体制も整えています。患者さんにとっての最後の砦として、皆さんのお口を守っていければと思います。

専門性の高いインプラント治療を実践。

代田 和彦 院長 & 和郎 理事長

【代田 和彦 院長】
父がインプラントを手掛け始めた頃はまだ試行錯誤の時代で、色々と問題もありましたが、症例が積み重なっていくに従い、患者さんにご満足いただける治療水準となってきました。なにより、「無」のところに「有」を作れることは、非常にメリットのあるところでしょう。
最近では、インプラント・オーバーデンチャーと言って、インプラントで入れ歯を支える治療方法も広く取り扱われるようになりました。あごの骨がまったくない状態の人でも、安定してお食事がとれるんですね。
とはいえ、インプラントがすべての方に、すべての状況にマッチするというわけではありません。患者さんのニーズに応じ、幅広い選択肢をご用意することが私たちの務めだと思っています。

好評な訪問歯科治療やマタニティ歯科。

【代田 和郎 理事長】
訪問歯科治療については、主に私が中心になっておこなっています。ご高齢の方の誤嚥性肺炎をいかになくしていくかということは、歯科治療全体を見渡しても大きなテーマであり続けると思われます。それからまた、訪問歯科を望まれる方の中には、特に女性の場合、どうしても「表に出られない」というケースがあります。治療はもちろん、メンタル的なケアに関しても配慮をしていければと思っているところです。
また妻が栄養士でもあり、食育に関する相談も多数あり対応出来ます。

【代田 和彦 院長】
マタニティ歯科については、専門外ということもあり、意外と見逃されがちな点があることも現実でしょう。たとえば、座位。座ったままおこなうほうがお腹への負担が軽減されるのですが、ついついシートを倒して治療をおこなってしまうこともあるようです。それから、時期によるのですが、お口の中に何かものが入っただけでご気分が悪くなる方も少なくありません。ご本人は言いづらいこともあるでしょうし、知識を蓄え、なるべくこちらから先に配慮をしていければと思っています。
ひょっとすると、最近では妊婦さんのほうが知識は豊富かもしれません。ついこないだも、「子供を作りたいので、その前に…」と、自らお口の環境整理を望まれた方がいらっしゃいましたね。

これから受診される患者さんへ。

【代田 和郎 理事長】
地元の歯科医師会(浅草歯科医師会)の役員として、歯の無料健康相談をはじめとした公衆衛生事業に尽力するとともに、院長のサポートを出来る限りおこなえればと思っています。今時流行らないスタイルなのかもしれませんが、患者さんに「任せておきなさい」と自信を持ってお答え出来るよう、まだまだ頑張っていきたいですね。

【代田 和彦 院長】
デンタルショッピングというのでしょうか。方々に足を運んだ挙げ句、当院にたどり着かれた方がいらっしゃいました。時間をかけて治療内容をご説明し、なんとか治療に通っていただけるようになったのですが、やはり途中で挫折しそうになられたのです。そんなとき、近くをブラブラしてたウチの母や(笑)、受付のスタッフがさりげなく声を掛けてくれたことで、その方の心をまた呼び戻すことが出来たんです。
銭湯に代表されるように、昔はコミュニティーを作れる場所はたくさん存在したのですが、今はそれがだんだんと少なくなってきています。私は、ここを、そうした地元の人達が集う場所としていきたいのです。歯科医療は私1人でおこなうものではなく、父やスタッフ、そして地域の人達みんなで支え合いながらおこなっていきたいと考えています。
当院では、その人の人生、その人の一言一句に合わせての治療を提案し、おこなっていきます。最後の砦であるという責任感を持ち、皆様のお口の管理に携わらせていただきたいと考えています。

※上記記事は2015.2に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

代田 和彦 院長 & 和郎 理事長 MEMO

  • 出身地:[院長・理事長]東京都
  • 趣味:[院長]ドライブ [理事長]アンティーク・ウォッチ収集
  • 愛読書:[院長]ワンピース [理事長]池波正太郎全集
  • 好きな映画:[院長]E.T. [理事長]戦争と平和
  • 好きな言葉:[院長]人に優しく [理事長]桃李不言下自成蹊
  • 好きな音楽:[院長]ジャズ[理事長]ハワイアン、フォークソング
  • 好きな場所:[院長・理事長]浅草

グラフで見る『代田 和彦 院長 & 和郎 理事長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート