台東区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(台東区)―

村岡 正弘 院長/東上野歯科クリニック(上野駅・歯科)の院長紹介ページ

村岡 正弘 院長

MASAHIRO MURAOKA

開業以来のおもてなしの精神を貫き、高い専門性に裏打ちされた高度な歯科医療を提供。

昭和大学卒業後、勤務医を経て『東上野歯科クリニック』を開院。昭和大学歯学部高齢者歯科学教室兼任講師(「JR上野駅」より徒歩1分、東京メトロ「上野駅」直結、「京成上野駅」より徒歩5分)。

村岡 正弘 院長

村岡 正弘 院長

東上野歯科クリニック

台東区/東上野/上野駅

  • ●歯科
  • ●矯正歯科
  • ●歯科口腔外科
  • ●小児歯科

高い専門性を結集し、患者さんのあらゆるニーズに応えていく

村岡 正弘 院長

いつも笑われてしまうのですが、小学校4年生の時に「政治家になりたい」と本気で思いました。じゃあ、それになるにはどうしたらいいか。お医者さんか歯医者さんになり、地域に貢献すればなれるんではないかと、そう考えたわけです(笑)。その夢が転じて今があるわけですが、今ではこの仕事は私に与えられた天職だと思っています。人が好き!歯科が好き!とくれば、何もいうことはないですよね。
大学卒業後は長らく勤務医を務め、2000年に『東上野歯科クリニック』を開院いたしました。ここは、ドクターが訪れる歯医者さん、というコンセプトで始めました。それを実現するために、あらゆる部門で専門性を高めることを考えました。患者さんが求めるもの、クォリティーはますます高まってきています。私達はそれに応える義務があるわけですけども、かといって1人がオールマイティーに高いレベルを備えるのは難しいことです。当院には口腔外科、矯正、小児、歯内療法、歯周病など、さまざまな分野のスペシャリストが集っています。患者さんに適したドクターをプロデューサーとしてコーディネートしていく。そのスタイルが、患者さんの信頼を高めることにつながってくると思っています。

患者さんの心を汲み取り、それを形に表していくことが大切

村岡 正弘 院長

患者さんが求めているものをいかに読み取り、診療をしていくかということが最も大切なことです。なにもそれは、治療に直結することとは限りません。たとえば、患者さんに「今、水が飲みたい」「うがいをしたい」ということが仕草に表れれば、すぐさま反応していくということも含まれます。そうした場合、当院のスタッフは必ず、「どうかされましたか?」とお声掛けしています。
開業以来ずっと続けていることとして、患者さんがいらっしゃった際に、必ずスリッパをお出しするようにしています。ちょっとしたことですけども、気持ちを形にすることが大切で、そうした細やかな心遣いが、患者さんの心をほぐしていくのです。
これは私が剣道で養われた、日本特有のおもてなしの文化を若い世代に引き継いでいってほしいと、取り入れたことでもありました。こうしたことは、これからの人生で必ず役に立つことでもあると思うのです。やはり医療のみならず、人としても成長していってもらいたいですよね。私もスタッフのお父さんという年齢になっていますから、ちょっとした親心、とでも言うのでしょうか(笑)。

スマート歯科の実現に向けて

村岡 正弘 院長

歯科で扱う材料は、金属からメタルフリーの素材へと移り、ジルコニアやハイブリッドが主流になってきています。それにともない、型をとる作業(印象)も、お口の中にシリコン等を入れるのではなく、ビデオファクチャーで画像を取り込む(光学印象)に移行してきています。
印象は、嘔吐反射が強い方にとっては酷な時間になりますし、子供の場合もそれは同様です。それが光学印象になれば、苦痛もなく、データが保存されることで、2度、3度と作業を繰り返すことを避けることができることになります。今は技工士さんも不足していますから、作業手順が簡便化することによる恩恵も大きいですよね。
歯科におけるデジタル化を推進することにより、よりスマートな歯科を実現することに力を入れていきたいと考えています。

視野を広げ、より多くの方の健康に多方面から寄与していく

実際に歯科医院で診ている患者さんは、治療を必要とする方の1割か2割に過ぎないというデータがあります。つまり、潜在的な患者さんが9割は存在しているということです。であれば、そうした方々を掘り下げ、歯科医院においでいただけるように持っていかなければなりません。私は企業検診をおこなっていますが、それは歯科に関する啓蒙活動とうい意味合いがあるのです。
医院でおこなう診療がベースにあるのはもちろんですが、私達はそれ以外にももっとやるべきことがあると認識しています。当院で取り組んでいる「アーマーバイト」の推進は、その一環となります。人は、強く噛み締めることによってストレスがかかり、それが身体の動きに制限をもたらします。マウスピース状のアーマーバイトを装着することで、噛み締めを防ぎ、それによって怪我の防止やパフォーマンスの向上が望めるのです。
2020年のオリンピックも間近となってきました。それに対し、ただ指をくわえているのもいかがかと思いますし、歯科の1つの分野を開拓することで、貢献できるのではないかと思っています。スタッフを含め、常にチャレンジの精神を忘れず、技術の研鑽とその発信に努めていきたいものですね。

これから受診される患者さんへ

近年の歯科では、その人に合った治療方針をいくつかご提案し、その中から患者さんに選択していただくことが一般的になってきました。つまり、患者さん本位の治療ということが実現してきているわけです。『東上野歯科クリニック』では、小さなお子さんからご高齢の方まで、お口を通じた全身の健康管理を担うべく、誠心誠意サポートをさせていただきます。以前のように、歯科に対して敷居を高く感じていただくことはありません。お口の中で何か気になることがありましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

※上記記事は2017年1月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

村岡 正弘 院長 MEMO

気管食道科専門医 / /

  • 出身地:山形県
  • 趣味・特技:車、カメラ、時計・剣道七段
  • 好きな本:剣道に関する書籍、歯科関連情報雑誌
  • 好きな映画:人情もの
  • 好きな言葉・座右の銘:剣は生なり
  • 好きな音楽:AOR、フュージョン
  • 好きな場所:館山、アメリカ西海岸

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube 病院徒歩ルート
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声