台東区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(台東区)―

江藤 一弘 院長/サンライズクリニック(御徒町駅・内科)の院長紹介ページ

江藤 一弘 院長

KAZUHIRO ETO

地元で親しまれる
糖尿病治療のエキスパート

東京大学医学部を卒業後、東大附属病院、朝日生命糖尿病研究所や、米国マサチューセッツ総合病院での研究員、自治医科大学内分泌代謝科を経て、帝京大学内科教授、同附属病院栄養部長を務めた後、『サンライズクリニック』を開院。(新御徒町駅から徒歩約1分)

江藤 一弘 院長

江藤 一弘 院長

サンライズクリニック

台東区/東上野/御徒町駅

  • ●内科
  • ●糖尿病内科
  • ●代謝内科
  • ●内分泌内科
  • ●老年内科
  • ●腎臓内科

さまざまな地域で外来患者さんとの関わりを持つ

江藤 一弘 院長

私の周りには特に医療関係者がいたわけではありませんが、先進的な医学研究に取り組んでみたいという興味があったことに加えて、研究を通じて人の役に立ちたいという思いもあり、医学の道を志しました。臨床医学に携わることが多くなりましたが、今でも医学に関する研究は面白いと感じますね。
大学卒業後は東大附属病院、朝日生命糖尿病研究所や、米国マサチューセッツ総合病院での研究員、自治医科大学内分泌代謝科、帝京大学…と多くの医療機関でお世話になりました。
主に糖尿病の患者さんの診療を中心に行ってきたのですが、どの機関も地域性や独自の理念があり、来る患者さんもさまざまでした。糖尿病の専門医として患者さんの暮らしや生活に接することが多いので、こうした多様性のある価値観に触れることができたのは良い経験になっています。
ここ御徒町は下町の風情を残しているのですが活気のある街。周辺には中小の企業も多く、交通の便が良い場所です。私にとっては元々なじみがある街でもあります。働く方にも気軽に利用して頂きたいと思いこの場所での開院することにしました。(つくばエクスプレス線:新御徒町駅A1出口から徒歩約1分・都営大江戸線新御徒町駅A1出口から徒歩約1分)

地域の健康維持に貢献。周囲の医療機関との連携も

江藤 一弘 院長

当クリニックにみえる方は働き盛りの方が多く、現役として60代、70代でお勤めの方もいらっしゃいます。近隣の方以外にも北区、足立区や千葉県などから通勤の傍ら通って頂いている方も少なくありません。
HPをご覧になってという方もいれば、近くの永寿総合病院や、以前お世話になっていた帝京大学からご紹介を頂いてみえる方もいらっしゃいます。
受診される症状も風邪やアレルギーでみえる方から、糖尿病のかかりつけ医をさがして来院する方までさまざまです。私が糖尿病専門医であることもあり、ご紹介でみえる方の多くは糖尿病や生活習慣病を抱えている方ですね。
開業医として、この地域にお住まいの方や働く方の健康維持に役立てればと考えています。

糖尿病専門医として30年。治療も時代とともに進歩しています

江藤 一弘 院長

私は今まで30年近く糖尿病の治療に関わり経験を積み重ねてきました。糖尿病に限らず、専門医としてやっていく以上、さまざまな病態をみなくてはいけません。今まで10万人以上の患者さんと対話し、経験を積み重ねたお陰で、糖尿病専門医としてあらゆる病態や症状をみることができます。
当院の「サンライズクリニック」という名称は、糖尿病に苦しむ方の明るい未来をイメージしたものです。昔は糖尿病というと目が見えなくなったり、透析や心臓病になってしまうなど、不治の病、難病としてイメージする人も少なくありませんでした。治療を行う中で何をしても数値が下がらないことも多かったものです。しかし、今ではたくさんの治療手段や良い薬が開発され、糖尿病は怖い病気ではなくなりつつあります。年をとり体の機能が衰えていっても、しっかりとした医師に診てもらい適切な治療を受け、病気と上手につきあって行く事で、健康寿命を伸ばすことができるのです。
当院ではHbA1c値や血糖値を即日その場で計測することができます。的確な血糖コントロール状況の判断と患者さんへのアドバイスをすばやく行うことができるのが特徴です。80歳、90歳になっても健康を保ち、自立した日常生活を送ることができるようにお手伝いできればと思っています。

患者さんとの対話を続けることを大切にしたい

私が患者さんを診察する中で大切に考えていることは、対話をしっかりと続けることです。
健康改善に関してのアドバイスを受けていても、なかなか実践できないもの。私達医師の側には繰り返しアドバイスや指導を行い、患者さんの行動を微調整していくことが求められます。そのために重要になってくるのが患者さんとの対話なのです。
患者さんにもそれぞれ事情があります。家庭や仕事の環境などさまざまな要因により、治療が上手くいかないことや通院できないことも少なくありません。日々の治療を続けると同時に、一つ一つ問題点になっていることをお聞きしてコーチングを行い改善していくことを大切にしています。
薬をはじめとして糖尿病の治療法は進歩していて、効率よく治療をできるようになっています。しかし、糖尿病の患者さんの中には循環器、呼吸器、消化器など他の臓器の疾患をかかえている人も少なくありません。今後は、患者さんの健康寿命を延ばすためにも関係する病気にも気を配り、外部機関とも連携して改善のアドバイスを出来ればと思っています。そのために今後も患者さんとの対話を大切にして行きたいと考えています。

これから受診される患者さんへ

糖尿病に限らず病気の治療には早期診断、早期発見、早期治療が大切になります。問題をかかえて時間が経ってから治療に訪れる人を私はこれまで見てきました。早く診察を受けることでここまで悪くならなかったのでは…と思うこともあり、早期の治療が大切なことを痛感しています。
当院では糖尿病の他、生活習慣病を中心に総合的に治療・アドバイスをさせていただいています。体の不調を感じることがあれば、まずはご相談ください。
もし入院や詳細な検査が必要な場合でも永寿総合病院や三井記念病院を始めとする外部の医療機関とも連携していますので、ご安心頂ければと思います。

※上記記事は2017年9月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

江藤 一弘 院長 MEMO

総合内科専門医 /糖尿病専門医 /内分泌代謝科専門医

  • 出身地:九州
  • 趣味:旅行、読書
  • 好きな本:日本の古典作品(万葉集など)、歴史書
  • 好きな映画:小津映画、ハリウッド映画
  • 好きな言葉:対話
  • 好きな音楽・アーティスト:ピアノ、ジャズ
  • 好きな場所:オープンカフェ

グラフで見る『江藤 一弘 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート